@外貨預金

会社概要お問い合わせ

@外貨預金 > 外貨預金の基礎知識

おすすめFX業者

FXを始めようとしている方に、FX取引会社を選ぶコツをお教えします!【外為オンライン】
手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】
口座開設のみで3000円キャッシュバックキャンペーン中(6月30日まで)【マネーパートナーズ】


外貨預金の基礎知識


外貨預金とは?

近年、投資の一つの形として広く注目を集めている「外貨預金」。外貨預金とは、簡単に言うと「日本の通貨を外国の通貨に換えて行う預金」です。外国の通貨は代表的なものとしてドルやユーロなどを挙げることができます。日本円で海外通貨を購入することで、為替レートの変動により差益を得ることができるため、有効な投資法として市場を賑わせています。

日本国内の金融機関における金利メリットは微々たるものですが、外貨預金では高い金利を得られるという魅力もあります。外貨預金における資産運用のメリットは今や多くの人に認知されるところとなりました。しかしそれと同時に、デメリット面も少なからず存在します(外貨預金のデメリットについては「外貨預金のリスク」について詳しく触れていきます)。

外貨預金を行う際は、注意するポイントや資産運用のコツなども覚えておきましょう。リスクを極力おさえながら上手に資産を運用していくために、まずはある程度の基礎知識・予備知識を備えておくと良いでしょう。

TOPページへ

為替相場(為替レート)について

外貨預金を行うにあたっては、為替相場(為替レート)を無視することはできません。ここでは為替相場(為替レート)について説明します。 為替相場(為替レート)とは現在の為替の相場を表すものです。通貨は常に相場が変動しています。この現象を「為替変動」と呼ぶのですが、外貨預金ではこの為替変動によって利益をあげることも可能です。効率良く利益を得るためにはその仕組みをよく理解しておく必要があります。

日本で扱われる通貨は円やドル、ユーロなどが中心となりますが、このほか様々な外国通貨によるレートも存在しています。そうしたものは外貨クロス取引(これについては「外貨クロス取引」にて後述します)などを行う際に重要な情報源となるため、普段から様々な通貨同士のレートをチェックする癖をつけておくと良いでしょう。

また、外貨預金で利益をあげる方法としては「金利を利用するもの」もあります。これについても「高金利というメリット」で後述しますが、外貨預金においてはこの「為替相場」と「金利」が重要なキーワードとなることを覚えておきましょう。

TOPページへ

外貨預金の仕組み

外貨預金の仕組みを説明するにあたり、まずは外貨預金を行う際の手順を簡単に紹介します。

外貨預金を行う際には、最初に外国の通貨を日本円で購入する必要があります。海外通貨は種類によって金利や手数料が異なってくるため、どの通貨を購入するかが重要なポイントとなってきます。 海外通貨の購入後は、普通預金の場合であれば「利益を得た時点」で、定期預金では「満期を迎えた時点」で再び日本円に戻すという流れになります。

外貨購入の際、またそれを円転(外貨を日本円に換えることを「円転する」といいます)する際には手数料が発生します。通常手数料は1米ドル購入時で片道1円、往復で2円、1オーストラリアドルで片道2円50銭、往復5円、1ニュージ−ランドドルで片道2円55銭、往復5円10銭、1ユーロあたりで片道1円50銭、往復3円がかかります。

この「片道・往復」という表現についてですが、「片道」というのは通貨を購入する時を表します。「往復」は購入してそれを売却する時を表します。 通貨というのは基本的に全て相対的な関係にあります。たとえば日本円と米ドルを例に挙げてみますと、日本円の相場が下がるということは米ドルの相場が上がるということを表し、また米ドルの相場が下がるということは日本円の相場が上がるということを表します。

このシーソーのような関係に着目すると、「円高ドル安」時にドルを購入し、そして「円安ドル高」時にそれを円転させれば差額分の利益が出るという事がわかりますね。円安ドル高・円高ドル安については「外貨預金用語を知ろう」にて詳しく触れています。

TOPページへ

外貨預金の申し込み方法

外貨預金の申し込みやその他手続きはすべて銀行にて行います。まずは外貨預金を行うための専用口座を作る必要があるのですが、このとき免許証や保険証といった身分証明書と印鑑、預金のための現金が必要となります。一度口座を開設してしまえば、後は所定の手続きを経ることによって電話やインターネットにおける取引サービスなど各種サービスを受けることができます。

外貨預金は為替変動によるリスクなどが伴うものであるため、あくまで利用者の自己責任のもと利用されるものです。ですから原則として未成年者の口座開設は不可とされるのが普通で、取引も預金名義本人でなければ行うことができないものとされます。

口座を開設したら購入する通貨、また普通・定期などプランの選定、預入期間の設定などを申請して預金を行います。自分で円、外貨の振替を行うことのできるサービスもありますが、取り扱われるサービスはそれぞれの銀行によって異なるため、詳しくは窓口にて訊ねると良いでしょう。

TOPページへ

外貨預金の手数料について

外貨購入時や円転時など、各手続きには所定の手数料がかかります。外貨預金を利用する際はこれを無視することはできません。手数料は通貨によってその料金も異なってくるため注意が必要です。たとえば米ドルの場合は通常1ドルあたり1円の手数料がかかります。

外貨購入時と解約後の円転時にそれぞれ1円(計2円)の手数料がかかるわけですから、円転時には最低でも購入時の価格より2円高い相場での取引を行わなければ、手数料だけで元本割れ(元本割れについては「為替リスク」の項で解説しています)を起こしてしまうことになります。逆に、相場が2円以上高い状態であれば為替だけで手数料分の利益をあげることができるわけですから、手数料分を気にしなくても良いこととなります。

つまり、手数料を差し引いて元本割れを起こさない取引を行う必要があるというわけです。これは外貨預金を行うにあたって基本的な知識となります。外貨を購入する時期やタイミングも大切ですが、取引時には手数料を常に念頭に置いておくようにしましょう。

しかし資産を増やすことが主な目的でなく、脳の活性化を促すために利用する人も少なくありません。特に仕事を定年退職し、頭を使う機会がめっきり少なくなったという年輩の方などには最適ではないでしょうか。たくさんの情報を吸収して脳を活性化し、資産運用で脳を刺激し、世界経済に思いを馳せて頭の体操。これで資産を増やすことができれば一石二鳥ならず一石四鳥ですね。

TOPページへ

次のページ>> 外貨預金の種類と金融商品