@外貨預金

会社概要お問い合わせ

@外貨預金 > 外貨預金の上手な利用法

おすすめFX業者

FXを始めようとしている方に、FX取引会社を選ぶコツをお教えします!【外為オンライン】
手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】
口座開設のみで3000円キャッシュバックキャンペーン中(6月30日まで)【マネーパートナーズ】


外貨預金の上手な利用法


通貨を選ぼう

外貨預金を始めるにあたってまず考えなければならないのが「どの通貨を選ぶか」ということです。外国通貨はたくさんの種類があり、その特徴も多種多様です。ここでは通貨を選ぶ際のポイントについて幾つか紹介しましょう。

まず注目したいポイントとしては「金利はどのくらいか」という事です。通貨はその種類によって金利も異なります。もちろん金利は高ければ高いほど良いのですが、しかし安易に金利の高い通貨に飛びついてはいけません。中には「金利は高いけど手数料も高い」というものがあり、最終的にはプラスマイナズゼロといった場合も考えられるからです。

金利と手数料のバランスを見ながら、上手な通貨選びを心掛けたいところです。しかし金利と手数料ばかりに気持ちがとらわれてしまい、今度は為替変動にまで気持ちが及ばなかった──というのでは仕方ありません。上手に資産を運用していくには「金利」と「手数料」、「為替」の3ポイントを常に意識しておく必要があると言えます。外国通貨の購入は外貨預金においてとても重要なプロセスとなります。慎重に理想的な銘柄を探したいところですね。

TOPページへ

外貨選びのポイント

前項では外貨購入のポイントとして「金利」「手数料」「為替」の三点を挙げましたが、ここでは通貨の選び方についてもう少し詳しく触れていきます。

まず「金利」についてですが、金利はどういった場合に重要視すればいいのかと言うと「外貨定期預金などで長期的な預金を行う場合」です。もちろん為替の変動や手数料などを無視することはできませんが、それでも「金利だけで利益をあげる」というやり方は、外貨預金の投資法としてもっとも無難な方法でもあると言えます。

また外貨の選び方としては「自分がよく行く国の通貨を選ぶ」というやり方もあります。出張や旅行などで度々外国を訪れるという人の中には、こうした選び方をする人も少なくありません。この場合、資産運用のメリットに加えて「現地で現金をすぐに引き出すことができる」という実用的なメリットも得られます。

投資だけにとらわれず、こうした柔軟な目で外貨預金の意義を見出せば、その活用性は一段と広くなるということが分かりますね。

TOPページへ

外貨預金とタイミング

外貨預金でもっとも大切なのは「外貨を購入するタイミング」であると言っても過言ではないでしょう。しかし、この「タイミング」が外貨預金でもっとも難しい面であるというのもまた事実です。

「円高時に外貨を購入するのが良い」とは先にも述べましたが、しかし何時どの時点で円がもっとも高くなるかという事は誰にも分かりません。言ってみれば「円高時の購入、円安時の円転」というのは一つの理想論でしかないとも言えます。この辺については、初心者はもちろんベテランの投資家にとっても判断が難しいものです。

さて、ではどのようにしてタイミングを計ればいいのかと言うと、結局は「自分のタイミングで行えば良い」という事になってしまいます。ですが、ここで注意しておきたいポイントが一つあります。それは「焦り過ぎない・タイミングを待ち過ぎない」という事です。

購入した通貨の価値が上昇してくると、人は「まだ上昇するだろう」という希望的観測を抱きがちです。これが人の欲目とでも言いましょうか、そうして価格の上昇を待ち続けているうちに「結局は下落してしまった」──という話も少なくありません。このような事態を防ぐため、予め「ここまで上がったら円転しよう」というラインを決めておくのが良いかも知れませんね。

TOPページへ

外貨預金と預入期間

外貨預金は定期での利用が一般的ですが、外貨定期預金を利用する際には初めにその預入期間を設定することになります。預入期間とは文字通り「預金しておく期間」の事です。では、一体どのくらいの期間に設定するのが一番良いのでしょうか?

預入期間としては1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年といったプランが主となりますが、どのプランを選ぶかというのは人によって異なってきます。そのため、「預入期間として適切な期間」というものは実質的に存在しません。これらは投資の動機やその目的などによっても異なってくるため、自分の都合にもっとも適したプランを選ぶと良いでしょう。

原則として「預入期間が長ければ長いほど金利も高くなる」という事は覚えておきましょう。また、解約のタイミングについてもこれと同様「この時期がもっとも適している」と一概に言うことはできません。投資経験を重ねていくうちに「自分に合ったやり方」というのが自ずと身についていくと思います。

最初はあまり欲張らず、投資の感覚を掴むつもりで余裕のある投資を行う事をお勧めします。なお、外貨定期預金では預入期間中に預金の引き出しを行うことはできないのが普通です。

TOPページへ

次のページ>> 為替について