@外貨預金

会社概要お問い合わせ

@外貨預金 > 為替について

おすすめFX業者

FXを始めようとしている方に、FX取引会社を選ぶコツをお教えします!【外為オンライン】
手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】
口座開設のみで3000円キャッシュバックキャンペーン中(6月30日まで)【マネーパートナーズ】


為替について


為替とは

これまで「為替」という言葉を何度も用いてきましたが、そもそも「為替」とは一体何なのでしょうか?ここでは「為替」について触れていきます。

為替とは簡単に言うと「手形や小切手などを使って振替決済する方法」を指します。ニュースなどで「外国為替」という言葉は度々耳にしますが、これは世界各国における通貨同士の賃借関係を振替決済するための場と言えます。たとえば円とドル、円とユーロといった風に、異なる通貨同士を相対的に表したものを「外国為替」と呼んでいるわけです。

さて、これと併せてよく用いられる言葉として「レート」というものがあります。このレートとは「比率」を意味するものであり、「為替レート」は「為替の比率」という事になります。日本では円とドル、円とユーロと、「円」を中心として扱われますが、これは単純に日本国内における通貨が「円」であるという理由からです。

実際にはドルとユーロ、ユーロとオーストラリアドルといったように、数多くの組み合わせでの相場が存在しています。為替レートの動きを予想・予測するには、世界各国の情勢や経済状況などの情報が役立ちます。

TOPページへ

外国為替取引とは

外貨預金も外国為替取引の一つであると言えます。このほか証券会社で扱われている外貨MMFや外国為替証拠金取引(FX)なども外国為替取引です。日本円だけでなく、外国の通貨も扱っているのが特徴です。

外国為替相場は様々な理由により常に変動していますが、外国為替取引はこの変動を利用して利益を得る、または損失を防ぐために行われます。 さて、外国為替が変動する原因には様々なものがあるとは先にも述べましたが、基本的なメカニズムとしては「ドルが円に換えられるほど円高ドル安」となり、「円がドルに換えられるほど円安ドル高」となります(ここでは円とドルを例として挙げます)。

たとえば日本の輸出業者が外国に向けて物を販売したとします。輸出業者はその対価としてドルを受け取るわけですが、このドルは国内の銀行において円に変換されます。そうした動きが強くなると円高ドル安の傾向となり、逆に輸入業者による仕入れが増えると(円を売りドルを買う人が増えると)円安ドル高の傾向となります。

もちろん変動の原因はこれだけに限りませんが、その仕組みを理解するにはこうした背景があるという事も覚えておいて損はないでしょう。

TOPページへ

為替の動きに注目しよう

これまでにも触れてきたように、為替変動は外貨預金において非常に重要なものとなります。そのため、外貨預金で資産を上手に運用していくには為替の動きを日常的にチェックする習慣をつける事も必要と言えるでしょう。中にはそれを面倒に思ったり、また調べ方が分からなかったりする人もいるかも知れません。ですが「好きこそ物の上手なれ」とも言うように、外貨預金で上手に資産を運用していくには為替や経済にも関心を持たなければなりません。

為替レートの情報は新聞やニュースなどで得ることができます。また最近ではパソコンの普及に伴ってインターネット上で詳細な情報を得ることも可能となりました。あらゆる情報網に恵まれた現代において、為替に関する情報はいたる所から取得することができます。携帯電話を使って為替情報の配信を受けることができるサービスもあるので、取引における利便性は非常に高くなっていると言えます。

為替や経済の面白さがわかれば、外貨預金での資産運用の楽しみも一段と増すはずです。

TOPページへ

円高ドル安と円安ドル高について

「円高ドル安・円安ドル高」

このような言葉は誰でも一度は耳にしたことがあるはずです。これは為替において一つの指標となる重要なキーワードなのですが、外貨預金においても重要かつ基本的な部分となるのでその意味をよく理解しておく必要があります。

「円高ドル安」は文字通り「円が安くドルが高い状態」を指しますが、この言葉に馴染みのない人にとっては少々理解が難しいようです。たとえば「1ドル=100円」としましょう。1ドルを100円で購入したしばらく後に「1ドル=110円」となったとします。数字的には円が高くなっているため、一見すると「円高」に思われます。しかしこの場合「1ドルを購入するのに110円が必要になった=1ドルの価値が上がった」と考えます。

通貨は全て相対的なものですから「円に対する1ドルの価値が上がった=円の価値が下がった」と見ることができます。つまりこの場合は円高ドル安ではなく「円安ドル高」であるというわけです。最初は頭が痛くなるかも知れませんが、外貨預金の基本となる部分ですのでしっかりと覚えておきましょう。

TOPページへ

TTM、TTS、TTBについて

さて、ここでは初登場となる言葉「TTM」「TTS」「TTB」について触れていきます。 これらは簡単に言うと為替取引の際に生じる「手数料」を指します。一般的には外国為替市場での取引相場をもとに各金融機関によってTTMが定められ、更にそれを基にしてTTS・TTBがそれぞれ定められます。もう少し詳しく説明しましょう。

まずは「TTM」についてですが、これは「Telegraphic Transfer Middle rate」を略した言葉であり「電信仲値相場」を意味します。TTMは、TTSとTTBを決定するための基準の相場となります。

ではTTS・TTBとは一体何かと言うと、「TTS」は「Telegraphic Transfer Selling」の略で「対顧客電信売」を指します。一方「TTB」は「Telegraphic Transfer Buying」の略で「対顧客電信買」を指します。少々言葉が難しいので何のことかよく分からないかも知れませんが、何てことはありません。

TTSは通貨取引において「円を外国通貨に換えるための手数料」、TTBは「外国通貨を円に換えるための手数料」と考えれば良いでしょう。たとえば外国通貨を購入する時は「TTMに為替コストを加算したTTS」で購入し、売却する時には「TTMから為替コストを差し引いたTTB」で売却することになります。つまり「TTS=外貨購入時のレート」「TTB=円転時のレート」と考えることができるわけです。

TOPページへ

次のページ>> 資産運用のコツ