@外貨預金

会社概要お問い合わせ

@外貨預金 > 外貨預金における資産運用のコツ

おすすめFX業者

FXを始めようとしている方に、FX取引会社を選ぶコツをお教えします!【外為オンライン】
手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】
口座開設のみで3000円キャッシュバックキャンペーン中(6月30日まで)【マネーパートナーズ】


外貨預金における資産運用のコツ


元本割れの回避

外貨預金取引を行っていると、時には円高が進んでしまい円転するタイミングを見失ってしまう事もあるかも知れません。元本割れを避けるためにも、リスクの少ない解決法を見出したいところです。

円高が進んでしまった場合の打開策としては幾つか方法を挙げることができますが、最初に挙げられるのは「現地で引き出して使ってしまう」というものでしょう。これはつまり自分が購入した外貨の現地(米ドルならアメリカ)にて預金を引き出してしまうということです。こうすることによって円高の煽りを受けることなく資産を利用することができるというわけです。特に海外への出張や旅行が多い人などには有効な方法であると言えるでしょう。

また、「円転の準備を進めてしまう」のも一つの手です。今後円安に戻ることが予測できる場合はそのまま様子を見るのもいいですが、流動性の高い外貨普通預金に移して資産の回復を図るもの効果的でしょう。

このほか、思い切って運用方法を変えてしまうのも時には有効な手となります。たとえば投資信託や外貨建ての個人年金での運用に変えていくなどといったものです。どうしても解決の糸口を見出せない場合は、専門家に相談してみると良いでしょう。

TOPページへ

資産の長期運用

外貨預金を「損をするために利用しよう」という人は、おそらく一人もいないでしょう。多くの人は当然「利益を得たい」と考えているに違いありません。中には「短期間で一気に儲けたい」と考える人もいるかも知れません。確かに外貨預金を利用して、短期間である程度の利益をあげることができる場合もあるでしょう。しかしより確実に、そしてより低いリスクで──と考えるなら、やはり長いスパンで資産の運用を考えた方が賢明であると言えます。

たとえば短期間で利益をあげようという場合は、為替相場に着目して外貨を購入することになります。「高金利」という魅力があるにも関わらず、それを無視して短期間で利益を得ようというのは、これは外貨預金に伴うリスクをわざわざ自分から拾いに行っているようなものです。よほどの上級者でない限り、そう易々と上手くいくものでもありません。やはり外貨預金の魅力をフルに活かし、資産を長期運用しながら上手な投資を行いたいところです。

TOPページへ

外貨クロス取引

「外貨クロス取引」という手法があります。これは文字通り「複数の外貨を入れ替えるようにクロスさせて購入する方法」です。ここではこの外貨クロス取引について触れていきます。 外貨クロス取引の利点は、元本割れのリスクを回避できるという点にあります。たとえば日本円と米ドルでの取引を行ったとしましょう。その後、日本円が購入時よりも円高になってしまうと、円転時に元本割れをしてしまうことになります。こうした時、元本割れリスクを回避するために更に手持ちの米ドルで他の外貨を購入するといった方法が有効となります。

為替レートには当然「日本円と米ドル」以外の市場が存在します。円高ドル安となってしまったなら、今度は米ドルから見て「ドル高」になっている外貨を購入することによって、資産価値を維持するというわけです。

仮にこの時、ユーロが米ドルから見てドル高であるとすれば、手持ちの米ドルでユーロを購入すると効果的でしょう。購入後は円とユーロの関係を見ながら円転するだけとなります。円安ユーロ高という関係がもっとも理想的ですので、米ドルから他の外貨に乗り換える際には、乗り換え先の外貨と円の相場にも目を向けましょう。

このように、クロス取引を行うことによって円転しやすい状況が生まれるばかりでなく、新たな投資の機会にも恵まれるかも知れません。資産を上手に移動させればリスクは大きく回避されるのですが、しかし注意したいものが一つだけあります。それは手数料です。外貨で外貨を購入する際も手数料は当然かかります。クロス取引を頻繁に行うと、手数料だけで大きな赤字となってしまうので注意が必要です。

TOPページへ

為替予約の活用

為替予約とは、満期の条件を予め設定しておくためのものです。たとえば「日本円が○○円になった時点で円転しよう」といったように、最初に円転の条件を予約しておくというわけです。これによって相場が円高になだれ込むリスクを回避することができ、安全な取引が可能となります。

しかしリスク回避のメリットがある分、いくつかの制約もあります。一つは「必ずしも申し込み通りの設定で確定するわけではない」というものです。時には自分が希望するものよりも低い相場で満期が確定されることもあるでしょう。また、為替予約を行うと外貨定期預金の途中解約や為替予約の取り消しなどは、原則として受け付けられなくなります。加えて、予想以上の円安相場で確定されたとしても、設定以上の差額分は利益として得られない点も難点であると言えます。

利益に貪欲な姿勢を持つ人にとっては、これらの制約はネックとなってしまうかもしれません。しかし、リスクを避けて堅実な投資を行うためには、「為替予約」は有効な方法であると言えるでしょう。

TOPページへ

次のページ>> 資産運用の心構え