外貨預金 突撃インタビュー 新生銀行編 - @外貨預金

会社概要お問い合わせ

@外貨預金 > 突撃インタビュー > 新生銀行

外貨預金に関する突撃インタビュー!

外貨預金の気になるポイントを新生銀行で質問してきました。


本日は新生銀行にお伺いし、外貨預金についてインタビューをさせて頂きました! 外貨預金ご担当者様から直々に外貨預金が持つ魅力やポイントを教えて頂きました。

今回、質問にお答えいただいたのは
新生銀行 リテール商品部 浅野有紀(あさのゆき)さんです。

それでは外貨預金の魅力・ポイントを見ていきましょう。

Question 外貨預金のメリットは?

Answer

一般的に外貨預金は円預金に比べて「金利が高い」ということが、まずひとつのメリットです。そして、やや馴染みが薄いかもしれませんが、「手軽に分散投資ができる」という点も見逃せません。

皆さまもお悩みかと思いますが、日本は「超低金利」が続き、円預金の金利は低い水準ですよね。しかし、たとえば外国の通貨として、このところ人気のオーストラリアドル、ニュージーランドドルなどの外貨預金は、日本の約2倍から10倍もの金利がつく場合もあります。

また、日本は人口の減少や高齢化、財政の悪化が進んでいます。通貨はその国の国力や経済情勢を反映すると考えると、このまま日本の通貨の円だけを保有していることは、大切な資産にとって安心とはいえないかもしれません。そのため、手軽にはじめられる外貨預金を活用することで、手軽に資産を円以外に分散させることが可能になるわけです。

Question 外貨預金で気をつけることは?

Answer

外貨預金は、元本保証の円預金とは異なる点が、3つあります。この3つをしっかりと抑えておくことが、上手な外貨預金活用の第一歩です。

まず、外貨預金をはじめるには、円と外貨を交換するための「為替手数料」がかかります。たとえば円から米ドルの外貨預金に預ける場合、新生スタンダード(※)のお客さまでしたら、1米ドルあたり50銭の手数料がかかります。これは為替手数料と呼ばれ、預ける(外貨を買う)時だけではなく、外貨を円に戻す(外貨を売る)時にもかかります。そのため、もし外貨を円に戻した時に、為替の値(為替レート)が円を外貨に交換した時と同じであっても、為替手数料分の費用がかかり、当初預け入れ時の円の元本を下回り、元本割れとなります。

次に気をつけることは、外貨預金には為替リスクが伴うということです。預け入れた時の為替レートよりも、円高になると損が発生します(為替レートが円安になると利益が発生します)。円高・円安と言っても、わかりにくいかもしれませんが、たとえば1米ドルが110円の時に預け、1米ドルが100円のときに円に戻すと、為替手数料のほかに1米ドルあたり10円の損をしてしまいます。

為替レートは、日々刻々と変化しています。その値動きに元本が影響を受けるといわれると、途端に難しいように感じるかもしれませんが、外貨預金のコツは、あまり短期間の値動きに振り回されることなく、外貨預金のメリットのひとつである円預金よりも高い金利を受け取りながら、円安になるのを待つぐらいに考えることですね。もちろん、オーストラリアが好きでオーストラリアの情報をよく見たり聞いたりするから、オーストラリアドルの預金に・・・というのでもいいかもしれません。

最後に気をつけていただきたい点は、外貨預金は預金保険の対象ではないことです。 しっかりとこれらの点を理解して外貨預金を始めてください。

※新生銀行では、お客さまのお取引状況に応じた金利や手数料の優遇サービス「新生ステップアッププログラム」をご用意しております。

Question 外貨預金はいくらからはじめられますか?

Answer

新生銀行の外貨普通預金は、円からのお預け入れの場合なら、お電話、インターネット、モバイル取引ともに1,000円からはじめられます。また外貨普通預金よりも金利がお得な外貨定期預金は、お電話、インターネット、ともに10基本通貨単位(たとえば、米ドルの場合は10米ドル)からはじめられます。円から米ドルへの交換レートが1米ドルあたり85円とすると、850円からはじめることができます。

Question 外貨預金の含み益や含み損は、簡単に分かりますか?

Answer

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)で、いつでも簡単に確認いただけます。お持ちいただいている外貨預金の、現在の円換算額(手数料含む)が表示されますので、その金額とお客さまが外貨に交換した際の円の金額と比べることで、今の為替レートを調べたり手数料を計算したりすることなく損益がわかります。このほかにも、指定した為替レートになるとメールでお知らせが届くサービスなど、さまざまなサポートをご用意しています。

Question 新生銀行の外貨預金は他の銀行と比べて何が違いますか?

Answer

まずお電話・インターネット・モバイルで24時間365日売買できることです。また取り扱い通貨は10通貨。昨年サッカーワールドカップが開催された南アフリカのランド預金もありますよ。このほかにも、気になる金利や為替手数料では、「新生ステップアッププログラム」による優遇サービスも提供しています。さらに、これまでご紹介してきたサービス以外にも、お得なキャンペーンも実施していますので、是非新たな運用として新生銀行の外貨の活用をご検討ください!


ご協力ありがとうございました。

「外貨預金」って難しいものかと思っていたけど、小額からも始められる身近な資産運用のひとつなんですね。

今回インタビューに協力してくれた新生銀行の外貨預金のことをもっと詳しく知りたい方は
新生銀行のホームページをチェック!


TOPページへ